忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○FIFFファイルをMATファイルに変換
 これはできた
1.ニューロマグシステムの機能を補強するソフトウェアから、Fiff2MatFile_4.exeをダウンロードする
2.

アイコンをクリックして起動
3.
赤丸がついたあたりをクリックしてみる(ここが最難関(笑))
4.
ツールバーが出るので、左から二番目をクリックする。
5.
こんなんが出る。
6.もともとFiffファイルが入ってたドライブに、MATファイルが出来ている。
7.MATLABかSciLabで分析する←ここがさっぱりわからん
8.他のツールバーのボタンの機能はわからないよ

○とりあえずSciLab
覚えた命令メモ
 loadmatfile('drive:\filename.mat')
 ファイルをロードする(たとえば、Fドライブの、080704.matというファイルなら、loadmatfile('F:\080704.mat');
とする(;←これは、実行結果を書かなくていいですよ という意味)
 plot2d(x,y)
 xに書いたものをx軸に、yに書いたものをy軸にプロットする
たとえば、事前に
time=ave_0001(:,$);
meg=ave_0001(:,1:112); 
とすると、timeはave_0001の「終わりまで」($にはendの意味があるらしいよ)
meg=ave_0001の1行目の112番目までを持ってきてくれる(多分)。
で、plot2d(time,meg)
とすると、グラフが表示される。

ただ、これだと何がなんだかわかんないよね?俺もわからない。ここからどうしたらいいかもわからぬ。困った。

やめたいときは、quitで閉じます。

○補足
timeとかmegとか、もともと命令として登録されて無い奴(という理解でいいのか?)は、ユーザが勝手に登録できる。
上の例で言うと、timeと入れたら、ave_0001(:,$)をもってこい、という意味になる。便利。
ave_0001って何かっていうと、これはE-primeから3通りのトリガを出しており、
トリガ1,2,3それぞれについて、トリガが出た100ms前から1200ms後までを記録するように設定してある(MEGを取ってる時点で)。
その1番目なので、ave_0001
これは、whos();
で見れるみたいだけど、ここはまだわかっていないのです

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ