忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

看護棟のエレベータには、
[開][降][昇]ボタンがあり、まあ[開]に関しては極普通なんだけど、[閉]がねーのはどうなんだ、というのと、それに反して[降][昇]ボタンにはいったいなんの意味があるんだ、ということが常々疑問だったので、今日ちょっと実験をしてみて、意味はわかりました。しかし、わかったからといってどうということはなかった

たとえば、3Fで乗り込んで
2Fボタンと5Fボタンを押す
このとき、[降]ボタンを押すと→先に2Fへ
[昇]ボタンを押すと→先に5Fへ
何もおさないと→3Fにやってきた方向と順方向(たとえば、1Fから昇って来た場合は5Fへ、4Fから降りてきた場合は2Fへ)へ行く(?検証不足)

となるようです。

しかし、これが役立つシーンが浮かばない…[閉]に優先してまでつけるボタンなのか、と問いたい。(ま、かなりの早さで閉まるので、いらないけど)

あるとすれば、
1Fからやってきたエレベータに、3Fで2人の人が乗り込む→一人は2Fを、もう一人は5Fを押す→「5Fへ行ってから2Fだと、時間が無駄になるから、先に2Fに行っていいですよ」→「ありがとうございます!」→[降]ボタンを押す
くらいか。しかし、エレベータが動き出すまでのわずかな時間にそういう合意形成はなされるのか?引越しとかのときにあると便利なのか?

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ