忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○指摘されたこと
 Q:なんでピッチ(メロディ/音列)を使うのか。発話じゃダメか
  (ASDを持つ人の中には、ピッチに高いセンシティビティを持つ人もいるので、
   その点が問題にならないか、という疑問も含む)
 A:発話は情報量が多すぎるので、切り分けていきたい。
  今後、リズム、インテンシティ等も検討した上で、言語も確認したい。
  (ピッチの高いセンシティビティが、本研究の仮説を支持するので、
   問題にはならないと考えている)
 
 Q:全体条件と細部条件で、課題難易度が違いすぎないか
 A:物理的にはそんなに違わないとは思う(要証拠)
  行動データ(先行研究)では、確か有意差なし(要確認)
  いずれにせよ、グループによって課題難易度が変わる、ということを示したいので、難易度が違うこと自体に問題はないと考えている…が、これは質問の意図を理解していないかも

 Q:Navon(1977)の結果は、広域優先性ではなく、顕著性等の問題として取り扱われることもあるが、聴覚においてもそういうことはないか。もしあるとすれば、問題設定そのものに問題が生じないか。
 A:聴覚においてはあまりデータがないので、なんともいえないが、広域のほうが時間長は明白に長いので、その点苦しいといえば苦しい。
 問題設定そのものに問題が生じるかどうかは、結果のデータを見てから解釈できると思う(結局、脳磁に差が出れば、なんらかの原因は生じるので)

 Q:広域優先性、減衰という言葉は、英語でなんと言うか。よく使われるのか。
 A:前者はglobal precedence 、後者は、decrease?ちょっとわからないけど、日本語文献ではわりとよく使われると思います。
  
○次の締切り(的なもの)
・10月21日…ポスター発表用準備
・10月22日…発達脳科学合宿の抄録作成(A4一枚)

とりあえず、来週女性3名のデータが集まり、
これで女性はLowAQ3名+HighAQ4名になる(はず)なので、
なんとなく比較的なことが中間報告としてはいいかなー みたいな

あと、EEGでのデータ取得もそろそろ検討しなきゃないですね。ま、こっちはそんなに大変じゃない…と…いいなあ…

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ