忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215] [213] [212] [211]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*誤りがあったので修正しました。

わりとこの検索フレーズがひっかかってるようなので、追記をしました

今更感はありますが、学振手続きについて調べていて、一つわかったことがあるのでお知らせします。まあ、この書類は明日必着なので、もう皆さん出しちゃったかと思いますが…

給与所得者の扶養控除等の(異動)申告について

自分「が」誰か「を」扶養しているときにちゃんと書く、としましたが、もうひとつあって、自分が「勤労学生であるとき」もちゃんと書かなくてはならないようです。

参考

上記のサイトを見ていただければお分かりのとおり、DC1、1年目で、3割の控除の申請をし、DC1以外にまったく収入がないと致しますと、勤労学生控除を受けることが可能です。

多くの方は、TAとかをしていると思います。ちなみにDC1の給料以外で勤労学生控除を受けられる最大の収入額はなんと4万円で、それ以上になりますとこの控除額(27万円)はなくなります。

さらに、収入が130万円を超えると、扶養から外れることになりますので(扶養手当分収入源)、国民年金、国民健康保険(扶養の場合は無料だったので、支出増)に加入する必要があります。この記事も参照してみてください。ただ、正しい額かどうかはぜんぜん自信ないので、詳しい大人か社保庁とかに各位お問い合わせいただければ。で、これはかなりの額になります。2年目以降は避けようがないのですが、1年目は、3割を経費にして、勤労学生控除をすれば、かなりの額の減免が可能です。

しかしまあ、TAを教育歴として記載して良いとする例もありますし((doc注意)TAは除く、とする場合もあるけど)、TA/RAをやることが、かならずしも損になるわけではないとは思います。(金銭的には、まあ損)(DC1の税金対策で、実際はTAライクな仕事をしてました、ということを言えれば、問題がない気もする)あと、1月から3月にバイトして、4万円以上の収入を得ている場合はそもそも無理です。たぶん。あとまあ、提出しなおすのが面倒とか、3割を経費として申請できなかったときに、バイトまったくしてないことを後悔しそう、とかそういう理由もあったりして、渡辺はまあいいや、と思うことにしましたが…。

一応、メモとして残しておきますので、ご確認ください。

拍手[8回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ