忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は急に家庭教師が入ってしまい、調整しにいけなかったのですが(つまり、昨日の対処法が正しいかはいまだにわからない)、
検索する暇はあったのでちょっと調べてみました。

IBS JAPANのE-Prime FAQE-Primeから外部のデバイスに信号を送信するにはどうしたらよいでしょうか?

一番びっくりしたのは、

WritePortコマンド内では、ポートアドレスは10進法または16進法にて記されている事があります。詳細に関してはE-BasicヘルプのVal機能を参照してください。16進法表記を使用する場合、アドレスの前に "&H"を付けます。

WritePort &Haddress, value

最もよくある(10進法での)パラレルポートアドレスは888、16進法表記では378ですが、お使いのマシンのシステムプロパティを参照して正しいポートアドレスを探していただく事をお勧めします。


object.OnsetsignalData=H&378の「H&378]の部分を昨日「なんでか不明」と書いたのですが、謎はとけました。
ただ、H&って書いてたんですが、&Hが正式な表現なの?あれー?

で、あまりはっきりしないのですが、
E-StudioのInLine内で記述する場合は、Writeportを利用する
E-runのほうで記述する場合は、Onsetsignalを使う(のかなあ)
ようです。ということは、いろいろ間違ってたんですねー

E-Primeの使い方は、一子相伝というか、かなりローカルに指導されてきたので、
「正式な」ルールはぜんぜんしらないんですね。
これを期にマニュアルに目を通すべきなんだろうか。

ということで、
一応トリガを3つだしたいので、トリガに対応するSoundOutを1-3まで別個につくり、

Inline1(Writeport &h378,0)→課題開始

Inline2(Writeport &h378,1)→SoundOut1→Inline3(Writeport &378,0)→Wait1
Inline4(Writeport &h378,2)→SoundOut2→Inline3→Wait1
Inline5(Writeport &h378,4)→SoundOut3→Inline3→Wait1

追記:これは普通に
Writeport &H378,c.getattrib("portout")
でよかった


明日こそ試してみます!

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ