忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[397] [395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Simons et al. (2011). Auditory P300 and N100 components as intermediate phenotypes for psychotic disorder: Familial liability and reliability.

要約(の抄訳)
目的:聴覚P300の異常は精神病(psychosis)を持つ患者において明瞭に見られる.精神病を持つ患者とその病気でない氏族員(?いい訳はなんなんでしょうかね.sibling)がP300とN100で異常を示すかについての,テストー再テスト信頼性を確立することを目的とする.

方法:聴覚オドボールパラダイムを利用.P300とN100潜時と振幅を19人の精神病患者,28人の病気でない患者のsibling,37人の健常統制群から取得.multilevel random regression analyses (このあたりが参考になるでしょうか…?あまり良く分かっていません)を用いてERP成分を群間比較.級内相関係数(ICC)が,セッション間のERP成分の一貫性を決定するために用いられた.

結果:標的N100潜時の遅れが病気でないsiblingに見られる.患者は統制群と比較して有意なP300潜時遅延と振幅減衰を示す.ほとんどのERPパラメタが良いテスト-再テスト再現性を示すが,患者群は標準刺激に対するN100潜時についての十分な信頼性を示さなかった.

結論:病気でないsiblingsにおけるP300異常は見いだせていないが,N100潜時はsiblingで遅れ,これは標的刺激に対する全群で信頼できる尺度になりえるので,P300より良いマーカになるかもしれない.

コメント:ちょっと本文をみないとよくわからないけど,患者群でも標的N100潜時 は遅れているのですかね…?その前提がないとなんとも.あと,聴覚M100(magnetic counterpart of N100)は(oddballではないですが),PDDで右半球における潜時遅れがあり,これが自閉症バイオマーカではないかという説もある(Roberts et al., 2010)ので,ちょっと気になるところ.特に解釈とトポですね.本文を読むかな…とりあえず眺めるかな…

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ