忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[95] [94] [92] [91] [90] [89] [88] [86] [87] [85] [84]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

MEG実験の際、実験参加者の頭部の形状を測定します。なんかMRIと重ね合わせたりもできるみたいなんですが、まあそこはそんなに重要じゃないので、「なんでか」というあたりは目を瞑ってください。

で、測定の際に、左右のこめかみのあたりの骨の継ぎ目と、鼻のあたりの3点を記録しなくてはなりません。どうやってやるかというと、

1.実験参加者の骨の継ぎ目の位置に、赤いペン(水性)でマークをつける
2.その赤いペンの位置に、ボタンのついたペンのようなもので触れ、ボタンを押す
3.そうすると、位置情報が記録される。
4.2を残り2箇所で繰り返す。
5.もう一度、3箇所の位置情報を記録する

こうやります。(わかるかな)

で、問題は、5の「もう一度、3箇所の位置情報を記録する」というころにあって、何が問題化というと、0.1ミリメートルオーダーで記録してもらえるんですが、これで2mm以上ズレたらダメということになっています(x-y-z軸それぞれにおいて)。
ところが、やってみたらわかることですが、「3箇所を」「2mm以内のズレで」「ペン先で触れて」「ボタンを押す」って難しいんですよ。ほんとに。

そもそもペン先がわずかに震えるのに、さらにボタンを押すので、よりズレが生じます。
で、どうするかというと、震えないようにペンをわりと強く握り、ボタンを押してもペン先がぶれないように、ひじをどこかで固定する、とするとわりとうまくいきます。

で、ここからが本題です。

それで、結構難しいんですけど、難しい難しいといって、何回も測定しなおすと、実験参加者に申し訳ないので、医学部4年の共同実験者のM君と練習してたんです。交代で参加者役をして。

で、今から何年か後の話なんですが、ジョンガリ・Aという退役軍人がいて、この人は、
優秀な狙撃手なんですが、「筋肉は信用できない」というんですね。
何言ってるかわかんない人は、ジョンガリ・Aで検索したらいいです。

「筋肉は信用できない。ライフルは骨で支える」と。
で、ああ似ているなと思って、渡辺も「筋肉は信用できない」とつぶやいたんですね。「ペンは骨で支える」と。誰にいうでもなく。
そしたらですね、「ああ、ジョンガリ・Aですね」というんですね。M君が。
びっくりした。

その後しばらく、ヴァレンタイン大統領は逆康一君現象が起こっているよね、とかそういう話をしてすごしました。というのは嘘ですが、なんというか、彼とはいい友達になれそうな気がします。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ