忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[99] [97] [96] [95] [94] [92] [91] [90] [89] [88] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以下のQ&Aは、渡辺独自の見解で、IBSJAPAN、およびPsychology Software Tools, Inc社からの公式見解ではありません。
ASIOについてはほとんど理解しないまま現象のみを記述しています。

マニュアルみたら、もっと正確な記述があるかもしれませんので、あまり真に受けずに参考程度にしてください。あるいは、IBSJAPANにメールしてみてください。

Q:E-PrimeはASIOに対応していますか?
A:使用しているPCとサウンドデバイスがASIOに対応しているか、に依存します。
 E-Primeの音声出力は、使用しているPCの音声出力に設定されているデバイスと同じものを使用するみたいです。

Q:ASIO対応デバイスを使ったとき、レイテンシはどうなりますか?
A:レイテンシは、バッファの設定によって変動します。
 バッファを最小にした場合、かなりレイテンシは短縮しますが、不規則です。
 ただし、バッファを最小にすることにより、音声データがスムースに出力されない場合があります。
 バッファを大きくすることで、音声データの出力自体をスムースにすることが可能ですが、レイテンシはやや延長します。どちらの場合も、レイテンシは不規則です。
(この状態――つまり、音声データ出力がスムースな状態(ちなみに、157kBのwavファイルです)でのレイテンシデータは、明日取得する予定です)

 これは、PC本体の性能に依存するのか、ファイルサイズに依存するのか、サウンドデバイスに依存するのか、というあたりはよくわからないです。

Q:レイテンシを一定にすることは可能ですか?
A:たぶん、難しいと思います。

 一応、音声出力をイアホン、またはスピーカに接続するものと、脳波等の記録装置に接続するものに分けられれば(+ひとつチャンネルを利用することが可能なら)、トリガと音声出力を同期させて、そのズレを毎試行ごと記録することは可能だと思います。
 この方法を利用し、最終的に分析するときに、音声のオンセットがトリガと何msずれているかを計算できるような方法を導出すれば、各試行ごとのレイテンシをかなり正確に測ることは可能でしょう。 


以下は渡辺の実験に関しての個人的感想です。

ぱっと見ですが、レイテンシの幅自体が10ms以上違うということはなさそうな雰囲気です。
なので、まあ加算平均することでなんとかなるかな、という気はします。
(すべての被験者で同じだけゆらぐので、ピーク潜時にズレがある場合、
そのこと自体はまあ言っても問題はないと思う)

あと、単純なオドボール課題とかだと、正弦波を利用することが多いので、ファイルサイズが小さくなることが見込まれるため、より小さいバッファで提示が可能(=より短いレイテンシが実現可能)ではあると思います。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ