忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・RMS(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E4%B9%97%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B3%E6%96%B9%E6%A0%B9)波形を出す→被験者ごとに1本
 ・101chを1つのRMS波形で表現する、ということ
  ・多分、極性が違うからだよね
・バッドチャンネルは、被験者内で検討する
・被験者内で1条件ででもバッドチャンネルがあれば、その他の条件で良好でもそのチャンネルは除く
・原理的に計測に使ってないようなチャンネルは、もとからはじいとく?(要検討)

・あとはRMSのタイムポイントでt検定ベタ打ち、グラフに出して0.05以下のとこ見つけるような感じ
 ・ベースライン補正は?
  ・RMS作ってからやったほうが良いかな(多分)(自信なし)
・左RMS、右RMSとかでt検定ベタ打ちも可能(これは左右差を見るときとか)
 ・もっとチャンネルを絞って、前頭-後頭 とかも
  ・3要因になると、t検定ベタ打ちでは難しい→ANOVA
・いずれにせよ、「どこを見るか?」を考える

・同じ理屈でANOVAも出来るけど、ANOVAの場合はタイムポイントを1点に絞る必要がある
・普通はピークアンプリチュード?
・ピークにそんなに意味はない、という説もあるけど、ピーク以外でANOVAかけるのは突っ込まれやすい(らしい)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ