忍者ブログ
おかげさまでspamコメントが増えてきましたので、一応コメントを承認制にしました。基本的には承認します。
[165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

というわけで、メモがてら昨日の記事について簡単に説明すると、こうなります。

MEGで記録された脳磁場は、ダイポールを中心に、前後左右で磁場の向きが反転してしまいます。

なので、チャンネルの加算平均が出来ません。

で、それをするためにはどうしたらよいかというと、RMS(root mean square)というのを使います。これは前も説明したかと思いますが、ようするに、
2乗して、平均して、ルートを掛けると、全部正の方向になるので、打ち消しあうことがなくなるのです。

しかし、問題がひとつあって、それは、
二つの条件で異なる磁場が観察されるとき、
たとえば一方が
[100fT,80fT,…50fT]のパワーを持っているとして、で、もう一方が[-100fT,-80fT,…50fT]のパワーを持っているとします。
このとき、この二つは、「差がある」と考えたくなりますが、
RMSを出すと、両方同じ値になります。つまり、差があるとはいえません。

そこで、事前にこの2条件の差を導出しておいて、その差事態をRMSし、
「0」とその値のt検定を行っても良いか?というのが昨日の話題だったわけです。

こういうことを、分かりやすく解説した本があると、幸せなんですけどね。
(ネコでもわかるMMF とか)

今日は公共性がない記事で申し訳ありません。時々こういうこともあります。


あと、本日14:30頃、渡辺の友人の子どもが生まれました。渡辺の弟と同じ誕生日になりました(どうでもいい)。
おめでとう!

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールはこちらから
プロフィール
HN:
渡辺隼人
性別:
男性
ブログ内検索
カウンター
コガネモチ